資産(使われていない土地・建物の屋上)×太陽光発電で賢い資産運用を!

定期預金より良い資金運用とは?

遊休地、マンションの屋上、工場の屋根、空地など
使われていない土地と太陽光資源で
「定期預金より良い資産運用」になります。
使われていない土地と太陽光資源を有効利用しませんか?

土地・遊休地をお持ちの方へ

太陽光を活用した"資産運用"という考え方

太陽光を活用した“資産運用”という考え方

経済産業省による再生可能エネルギー全量買取制度(平成24年7月1日施行)により、太陽光エネルギーを利用した発電所の設置は、今後その急速な発展が見込まれています。
電力会社は太陽光や風力、水力、地熱、バイオマスなどによる自然エネルギーによって発電した電気を通常の電気代よりも高い値段で買い取ることが義務付けられたこの制度。
太陽光に関しては、3種類の売電価格が設定されています。

【平成29年度の価格表(調達価格1kWh当たり)】

太陽光発電の売電価格と買取期間 太陽光発電の売電価格と買取期間…チェックポイント

「太陽光発電施設」と聞くと超大規模な施設の印象を持たれがちですが、例えば近所の空地、お持ちの遊休地、休耕田、ビル・マンション・工場の屋上スペースなど、設置可能な場所も色々ございます。
未来の環境を守る自然エネルギーと、資産(土地・遊休地)を結びつけ共に有効活用する。
資金繰りや各種手続き、発電施設の建設場所のアドバイスから設置〜設置後のメンテナンスに至るまで、トータルにサポートさせて頂いておりますので、ぜひ弊社にお任せください!

太陽光を活用した"資産運用"を始めませんか?