ビクタスの太陽光事業

「未来の環境を変える」をテーマに、太陽光発電での資産運用を通じた「社会貢献」と「地球環境保護」を我々ビクタスは目指しています。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災と、その後の原発事故を経て、エネルギー政策の転換や自然エネルギーの活用が注目されることにより、今「太陽光発電」の普及が一気に進んでいます。
これを押し進める背景としては、やはり平成24年7月1日施工の経済産業省による『再生可能エネルギー全量買取制度』がございます。
この制度を利用して「売電」ができるようになったことにより、一般住宅用はもちろん、発電を主目的とした太陽光発電所が全国的に増加しているのです。

 ビクタスは「未来の環境を変える」を大きなテーマとして捉え、環境事業を通じて、人々のよりよい生活の実現を目指しています。
太陽光発電は住宅用なら「家計が助かる」、産業用では「コストを下げ売電収入も得る事ができる」だけではありません。
私たちは太陽光(再生可能エネルギー)を活用した資産運用の方法として、お客様に太陽光発電の導入をお薦めしています。

 太陽光発電で資産運用とはどういうものでしょうか?
それは「資産=使われていない土地やスペース(遊休地・マンションの屋上・工場の屋根・空地など)」と「太陽光資源」を有効利用することによって、利益を生み出すことができる仕組み作りをすることです。
 売電収入という直接的なメリットはもちろん、環境に優しい再生可能エネルギーの利用による環境への配慮やそれに伴った企業イメージの向上など、調べれば調べるほど魅力となるポイントが多い有効な資産運用方法だということが分かります。

 弊社は一般用・産業用に限らない太陽光発電システム導入のサポート…。
独自の生産ラインによる低コスト化を実現した太陽光発電システムのご提供…。
遊休地などお客様がお持ちの資産の活用方法としての太陽光発電システム導入のサポート…。
ご提案から設置まではもちろん、その後のアフターサポートまで、全てに対応しておりますので最初から最後までご安心してご相談頂けます。

未来の環境を変える…。
人々のよりよい生活の実現を目指して…。

太陽光を活用した"資産運用"を始めませんか?