土地・遊休地をお持ちの方へ

使われていない土地と、太陽光資源を有効活用した資産運用を始めませんか?

遊休地、マンションの屋上、工場の屋根、空地など、現在使用されていない土地・スペースをお持ちですか?
お持ちの方は、こうした「活用できていない資産」を、太陽光発電によって、「定期預金より良い資産運用できる」ことをご存知でしょうか。
電気の買取制度やお得に太陽光発電システムを導入できる補助金制度など、賢くお得にできる資産運用についてご紹介します。

電力の『買取制度』と『買取方式』とは?

まずは住宅用をもとにご説明しましょう。ご存知の通り、現在太陽光パネルを設置し、電力会社と契約を結んだ場合、余った電気(余剰電力)を電力会社に買い取ってもらうことができます。これがいわゆる「買取制度」です。
平成24年7月より開始された「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」により、年度毎に売電価格(調達価格)と買取期間(調達期間)が決められ、開始した年の価格でその期間電気を売り続ける事ができます。
この制度では、住宅用(10kW未満)は「余剰買取方式」での買い取り。2012年7月1日から産業用途向け(10kW以上)の全量買取制度が始まりましたので、こちらは「全量買取方式」で発電した電気を全て買い取ってもらえます。

【平成29年度の価格表(調達価格1kWh当たり)】

【平成29年度の価格表(調達価格1kWh当たり)】

補助金を利用して、賢い太陽光発電システム導入を!

太陽光発電をはじめとした「再生可能エネルギー」の活用については、その設置にかかる費用に対して国や各自治体からの補助金制度が利用できることも大きなポイントです。
補助金の活用で初期投資費用が抑えられることに加え、売電のシステムを組み合わせれば「高い利回りの投資」となるケースもあります。そのため、遊休地などの資産を有効活用できる太陽光発電は「定期預金より良い資産運用ができる」として注目される資産活用法の1つとなっています。

ビクタスなら安心して全てお任せ頂けます!

「太陽光発電を利用した資産活用には興味があるけど、どうすれば良いか分からない」
そんな方もどうぞご安心ください!
弊社は太陽光発電を実際に自社で導入しておりますので、設置場所の確保、金融機関やメーカーとのやり取り、資材の確保や施工など導入に関する全てにおいて、必要な知識やノウハウがあることが大きな強みです。
そのためアドバイスにおいても、より具体的な「実際に太陽光発電システムの導入と売電の仕組みづくり」について経験に基づいたアドバイスやサポートをすることが可能です。

貴方も太陽光を活用した“資産運用”を始めませんか?