太陽光発電とは

太陽光発電とは?

太陽光発電とは、太陽エネルギー(光)を「太陽電池(※下図参照)」を用いて電力に変換する発電方式です。
再生可能エネルギーである太陽エネルギーを利用したエコロジーな発電方式として注目されると共に、2011年には余剰電力の電力買取制度と国・自治体の各種助成策が実施されました。
さらに2012年からは公共産業向け設備への「全量買取制度」が導入されたことで、住宅用・産業用の発電システムというだけでなく、売電収入を見込んだメガソーラー施設の開発・設置・運営についても社会的に高い関心を呼ぶ事になりました。

太陽光発電はご存知の通り「太陽電池(太陽光パネル)」を使用した「太陽光で発電する」発電方式です。一口に太陽光パネルと言っても、実際には「太陽電池セル<モジュール<アレイ」というようにかたまり毎の単位で呼ばれます。
効率的な発電を行うために、最小単位「セル」を直列接続して「モジュール」を形作り、住宅用・産業用を問わず、設置の際にはそれらを並列につなげた「アレイ」として設置しています。

未来の環境を変える…。
人々のよりよい生活の実現を目指して…。

太陽光発電と売電・買電の関係とは?

電力会社と発電した電力をやり取りする、最も一般的なシステムです。2012年に固定価格買取制度がスタートしたので、10キロワット以上の太陽光発電システムについては発電した電力を全て電力会社に売ることができるようになりました。
メガソーラー施設の発電システムも、基本的にはこの形、売買の流れになります。

太陽電池を設置する際には「太陽電池容量」と「必要設置面積」を考慮する必要があり、電池容量を10倍した数値が必要な面積となります。
例えば、10キロワットのシステムを設置する場合は約100平方メートルの設置面積が必要です。

※作った電気が余ったら、電力会社に送電して電気を買い取ってもらいます。
※夜や雨の日など、太陽光の電気では足りない時は、従来通り電力会社の電気を買います。